アウディ専門パーツ・アクセサリー通信販売のG-Speed web store
対応マーク


クロネコwebコレクト

ホーム店長ブログ「気分が違います」
店長ブログ
「気分が違います」
2019年04月16日

いつもお読みいただきましてありがとうございます。お客様からお聞きしました情報です。日本からやっとRS 5 Sportbackのオーダーができるようになったそうです。プライスはクーペと同じ1263万円から、オプション類も同じデリバリーは秋頃から順次とのことです。スポーツバックを待っていた方、正規ディーラーさんに聞いてみてくださいね!S5SBをお乗りのそのお客様も当然勧められたそうですが、「とあるアップデートをするから」と丁重にお断りしてきたそうです。とあるアップデートとは?お楽しみに。さて今日はこちらです。


何度かご利用いただいておりますA5SB(F5)のお客様、ありがとうございます。さて早速ですが間違い探し、になりませんよねきっと(笑)そうですデコラティブパネルです!S lineなので通常はお馴染みのブラッシュドシルバーヘアライン仕上げ、まあ可もなく不可もなくといったところ、ですが決して質感は高くない、それがRSモデル用のカーボンなると、何ででしょうねカーボンって気分が上がる(笑)今回はダッシュボードとセンターコンソールのみですがそれでもまるで違う車に乗ったみたいですねお客様も大満足で帰りは気分が良かったのかダイナミックモードで走ったそうです(笑)

ご存じですか?このカーボンデコラ、やっとオーダーできるようになったそのRS 5SBでも通常はアルミニウムレースというカーボン風にアルミに型押ししたパネル・・・オプションを選ぶとやっとこのカーボンになるというもの、デコラティブパネルではRS 5SBを超えてしまったA5SBとなりました!




交換は先代8Tに比べればセンターコンソールは飛躍的に簡単となりましたがその分ダッシュボードが意外と手間がかかります。ボルトとツメが併用されておりとにかくコジるのが硬い!ドイツ人のアンチャンなら簡単に外れるんでしょうが小柄な日本人の私は全力でコジる他に工具の補助も要ります。しかもパネルの中にスイッチがはめ込んであるのでそれも移設が必要です。スイッチも同様にボルトとツメの併用、慎重にコジりますが必ず1個か2個は壊れてしまいます。センターコンソールはご覧のとおりカーボンにはシルバーのトリムが付くためより質感がアップします。いやいい眺めになりましたね!でもドアが余計に目立つ・・・いずれはとのことで楽しみにとっておきましょう。ところでSモデル用とRSモデル用の違いですが、織り方の違いですSモデル用は縦横ときれいに互い違いになっているのに対してRS用は横方向の黒い繊維が多く見える織り方となっていて少し派手めに見えるかも知れません。お好みで選んでいいと思います。詳細は商品ページでご確認くださいこちらAudi純正RS 4/A4/S4(F4)/A5/S5(F5)4ドア用デコラティブパネルです。

それでは次回も読んでください。渡邉でした。