アウディ専門パーツ・アクセサリー通信販売のG-Speed web store
対応マーク


クロネコwebコレクト

ホーム店長ブログ「キリリと」
店長ブログ
「キリリと」
2019年02月07日

いつもお読みいただきましてありがとうございます。以前から私が気になっている車のナンバープレートの話題、今日何かの記事で読みましたが同様に思っている車雑誌の編集者さんがいました。まあ元々は横長だった時代もありましたが、ほぼ日本とアメリカのサイズは同じ、だからアメリカを見習って今の縦長サイズになったのではないかという推測でした。ない話ではないかも知れませんが・・・いずれにせよ横長も選べるようにしてほしい!というかEUすなわち来日していたメルケルさんに日本に「貿易障壁だ!」圧力をかけてほしい(笑)さて今日はこちらです。

もうお馴染み?になりましたこちらのQ2、さあ標準と少しだけ違うところがありますが、どこでしょう?

正解は、AudiAG純正S Q2/Q2(GA)用カーボンミラーハウジングセットです。ブラックにカーボンだとあまり目立たないのでは・・・と思ったらそうでもないのですキリリとします。このくらいのはっきりしすぎないコントラストがいいんですカーボンは万能ナリ。


さくっと進んでいるように見えますがいつも最も慎重になるのはミラーレンズの取り外し、これ皆様やってみてくださいね本当に簡単に割れますので(笑)慎重に作業しているので写真はなし(笑)ミラーハウジングにはサイドアシストのインジケーターが埋め込まれていてこれは移設、超硬いのでこれもやってみてくださいQ2が今までで一番硬いです!そしてミラーに埋め込まれているもうひとつの機能ウィンカー、こちらは今回ミラーを対向車にコスられてしまったということもありハウジングと共に交換となりました。ウィンカーに交換は比較的簡単でした。

この日のメインがもう1つ、AudiAG純正Q2(GA)用フラットボトムステアリングのS line用ハーフパンチングへの交換です。こちらも是非DIYでエアバッグを外していただきたいですね硬すぎてもう顔が真っ赤になりますから!でも私は1セット無駄にして練習したたおかげ(笑)でだいぶスムーズに作業できるようになりました。ディーラーのメカさんもあまりに硬くて2人で作業することがあるそうですやっぱり硬いものは硬い!通常Q21.0Tは○型ステアリングで何とパドル無し!でも大丈夫ですこのパドル付きフラットボトムに交換するだけでコーディング作業なしですぐ作動するようになります。どうもマルチファンクションスイッチ付き車両であればA3も含めコーディングが不要のようです。ガラリとスポーティに雰囲気が変わりましたね!見た目のカッコよさを眺めながらパンチングレザーのざっくり感触をお楽しみください。そうそうお客様がおっしゃっていました。前回ブレーキパッドをATEセラミックに交換しましたが劇的にダストが出なくなってブラックホイールのお手入れが楽になったそうです。喜んでいただけて何よりです!


地味ながら満足度が高かったのがこちら、発見しちゃいました。もともとQ2のフロントドア用非S line用はA3からの流用、ならばリアは?とアウディ純正Q2(GA)リアドア用アルミドアシルプレート左右セットを当てたら、ジャストフィットです。さっと脱脂して貼り付けるだけ、見事にフロントリアお揃いとなります。アルミ部分の前端がトリムの切れ目の後ろ側あたりにくるように置いてみてください自然と止まります。コストパフォーマンスの高いパーツだと思います。

それでは次回も読んでください。渡邉でした。