アウディ専門パーツ・アクセサリー通信販売のG-Speed web store
対応マーク


クロネコwebコレクト

ホーム店長ブログ「こちらも光り物」
店長ブログ
「こちらも光り物」
2018年12月04日

いつもお読みいただきましてありがとうございます。今日のニュースに「今のアウディのシングルフレームグリルはちょっと大きすぎる、今後は車種毎に大きさやデザインを変えたりボディカラーと同色にしたりブラックにしたりとバリエーションを持たせるかも知れない。」とエクステリアデザインのトップが言ったとのこと。私もこの意見には半分くらい賛成ですねまあ一番最初はグリルの格子をぶった切る形でのセンサーを付けるのを技術による前進によって解決してもらいたいのが本音ですが。既に先日ご紹介した最新のe-tron GTコンセプトなんかはとても車幅や周囲とのバランスがすばらしくさりげないグリルがとても上品でした。これから少しずつ変わるアウディのフロントグリルに注目です。さて今日はこちらです。



FL後A4(8K)アバントをお乗りのお客様です気合いが入った車高とカーボンパーツ、まあ触るのが怖いくらいにピッカピカの車です。

ご用命はというとクロームストリップにしようかと迷った末やっぱり!と(FL後)アウディ純正A4(8K)ダイナミックライン用ハイグロス/クロームFグリルへの交換、光り物続きですね(笑)もうこれは見た目がビフォーアフターでまるで雰囲気が変わり満足度の高いパーツだと思います。グリル交換のいいところは何といっても後付感が全くなくフラットでかつメッキモールの色あせを気にする必要がないこと、そのかわり費用はバンパーを脱着しての作業ですからそれなりにかかります。対してAudi純正FL後A4(8K)専用グリルクロームストリップは費用が抑えられる反面どうしても少しずつは経年変化してしまう・・・どちらにするかはご予算に合わせてのどちらにするかを決めていただけばと思います。今回は別途G-SpeedオリジナルのS lineエンブレムも付けたのでいっそう華やか、気分一新でまた乗れそうですね!ご利用ありがとうございました。

それでは次回も読んでください。渡邉でした。