アウディ専門パーツ・アクセサリー通信販売のG-Speed web store
対応マーク


クロネコwebコレクト

ホーム店長ブログ「ちょっと手間ですが」
店長ブログ
「ちょっと手間ですが」
2018年10月27日

いつもお読みいただきましてありがとうございます。またまたアウディプチ情報、何とQ5ディーゼルが追加されるらしいですよ!最近VWもパサートやティグアンに発売していますのでまさかとは思っていたのですが・・・でもこれから発売して売れるのか心配ではありますが、でもごくごく低回転からぐいぐい加速する太いトルクは魅力ですから1度は機会があれば皆様乗ってみたほうがいいですよ!さて今日はまだ粗削りですが出来つつあるこちらをまずブログでご紹介します。

(Q5、A4、Q7、Q2用追加)日本企画各車種アウディ純正サイドバイザー取付マニュアル

作業は金属の角が鋭く手を負傷する場合がありますので必ず手袋をはめて、各部にキズ等つかないようにマスキングテープ等で十分に養生してから行ってください。マニュアル内の写真はわかりやすいよう素手で養生していない場合がございます。



さすがは日本企画、親切丁寧なマニュアルが存在しますのでまずは熟読すべし!ただ初めての方はやってみないとわからないことだらけ、実は私も日本企画は初めてですので皆様と立場は同じ、その経験も含めお伝えします。まずは大前提を。窓を開けて約2時間作業するので風が強すぎないこと(モールにほこりが付くからです)ことと終わった後24時間は雨に濡らしたりしないこと、走行も避けた方がいいと書いてありますのでそれを考慮に入れて作業してください。気温は35-20度くらいがベストですが寒ければ家庭用ドライヤーで人肌に温められばOKです。また窓は開けておきましょうクリップを差し込むことができなくなります。まず左リアドアからスタートです!

マニュアルに沿いマスキングテープ(もちろんなければ他のテープでも大丈夫です)を使い仮当てしていきます。ドアの前後同じ余白が出来た方が美しいですよねそれとメッキモールにきちっとラインが沿うかも見ながら進めます。前後だけではなく上下も写真のように車両側メッキモール上端とバイザー上端の高さを合わせないと貼り直しが効きませんのできっちり合わせましょう。OKになったらマスキングで正しい位置をマークしていきます。ちなみにBピラーの余白も同じくらいが美しい仕上がりになりますのでそれも意識してフロントドアも同様にマスキングでマークします。そして右側も同様にリアドアからフロントへマークします。

説明書では次に接着促進剤プライマー塗布の指示ですが私の場合はちょっと違います。日本企画バイザーの場合接着とクリップの併用となっていますがその位置は説明書に記載があるもののちょっとずれる場合があるんです。そのためまずはそのクリップの位置合わせからします。Aピラーですね前ドアの前端の三角ハイグロスブラックのピラートリム上端にクリップのステーをきついですが差し込みます。


Bピラーはクリップステーがハイグロストリムに直接触れてしまうのでトリムがキズ付かないようにと保護テープが添付されていますので説明書の寸法に従い上端から3cmに保護テープを貼りクリップステーを取り付けます。同様にCピラーにもクリップステーを取り付けます。もちろん両側4ドア分ですしつこいですが、私の経験上意外に忘れたりします(笑)し後でプライマーを塗りますがなるべくその後貼り付けまで長時間置きたくないのですホコリが乗りますので。

次は再度バイザーとクリップの高さというか位置が合っているか仮合わせをします。バイザーの穴とクリップステーの穴がずれている場合は修正します。BピラーとCピラーは位置がずれている場合はクリップステーだけではなく貼り直し可能な保護テープも貼り直してくださいねトリムにキズがついてしまいます。


クリップステーの位置が決まったら説明書に従い指定の位置にプライマーを塗りますが、塗らないところを傷めないため入念にマスキングします。そして添付しているプライマーを漏れなく塗りますが密着度を高めるためでしょう「必ず1度ではなく2度」と書いてありますのでその通りに塗ります。


少し乾かしたらいよいよバイザーを貼り付けますその準備、両面テープの剥離紙をサイドは剥がしてしまい、上側は3-5cmほど前後から剥がしておきます。そしてマーキングに従い貼り付けますがギューッとじゃなくやさしく貼らないと貼り直しは効かないのでご注意ください。前後位置がさきほど少し剥がしておいた剥離紙を後ろから中央に、前から中央に少しずつ、とモールに沿わせながら剥がしていきます。剥離紙を全て剥がしてしまうと修正が効かないのでバツ!です。

1枚貼り終えたところで、今度はギューッと圧力をかけて貼り付けます!ここはやさしくではダメ、密着させるためにとにかく最初に圧力をかけることが重要です。ギューッとです。



ここまでくれば終わりが見えますね全てのドアを貼り終えたら、最後にクリップを差し込みます。説明書に詳細がありますがクリップの相手となるキャップを片手に持ちクリップステーの裏から当ててから、表からクリップの真ん中ではなく周りを持ってキャップの中まで差し込みます。周りが差し込めたら最後に真ん中を押し込んで小さくパチン、というかすかな音と感触が得られれば、入った証拠です。ただしA4アバントの場合は一番後ろCピラーのクリップのみキャップを入れるスペースがないので表側クリップのみ押し込んで終了、なのでキャップは6個しか入っていません。

んーん違和感なく取り付けられましたいいですね!理想は貼り付け後24時間このまま水や雨に濡らさず、動かさずに、が密着の条件となります。商品ページはこちら(Q5、A4、Q7、Q2用追加)日本企画各車種アウディ純正サイドバイザー となります。DIYは楽しい反面自己責任となりますのでご了承の上作業をお願いいたします。

普通はディーラーさんに皆様頼むところでしょうが、ちょっと手間は正直かかりますがちょうどいい季節ですし軽い運動と考えてチャレンジしてみてはいかがでしょうか(笑)それでは明日G-Speedは定休日とさせていただきます。どうぞ皆様楽しい週末をお過ごしください。渡邉でした。