アウディ専門パーツ・アクセサリー通信販売のG-Speed web store
対応マーク


クロネコwebコレクト

ホーム店長ブログ「日本にはたった3台!」
店長ブログ
「日本にはたった3台!」
2018年10月25日

いつもお読みいただきましてありがとうございます。何かの記事で読んで思い出したのですが、マツダ・初代ロードスター通称NAをマツダというメーカーが直接レストアしてくれるレストアサービスをご存じでしょうか?それだけファンが多いということですよね。近所でもNAとNB(2代目)が仲良くガレージに並んでいます。メルセデスというかヤナセさんも80年代のネオクラシックをレストアする事業もありますしポルシェ911もレストアだけで成り立つ正規ディーラーがあるくらいですし・・・そういう乗り続けられるような魅力のある車を生み出すことはもちろんですが現在も大切に乗り続けているお客様にそろそろVWグループも動いてくれるといいんですが・・・フルモデルチェンジを2回くらいするとラジエーターホースまで生産中止にしてしまう等言語道断です。あれどこのブランドかな(笑)さて今日はこちらです。


超速報でもご紹介しましたR82019年モデル、とこれまたチラっとご紹介したAudi Sport Performance Partsを装着した2018年モデルの限定車です。フロントエンドを見比べるとまるで別の顔、ヘッドライトは変わっていないのでバンパーやグリル、エアインテークをデザインしなおすとこれだけ違って見える、しかも確実に2019年モデルの方がかっこいい!と私は今回感心してしまいました。ホイールもいいですよね今風デザインで20インチ、それと今まではセラミックブレーキにするとキャリパーは無条件グレーだったものが今回からレッドとブルーも選べるようになったようです。でもブルーなんて今までありませんでしたからBMWみたいなブルー?それとも明るいブルー?ちょっと不思議ですが見てみたい気がします。同様にRS 4やRS 5でも本国では選べるようです。

一方2018年モデルのASPP装着限定車がサーキット走行志向の方には向いています。全て軽くて丈夫なカーボンファイバー製カナードや大型リアウィングで本気で速く走りたい方、また派手なエアロパーツが好きな方にはたまりません!ホイールも専用軽量タイプ、ブレーキも専用とのことです。これが日本でも発売されるなんてすごい!ただし限定とはいえ何とスズカグレー3台!いくらなんでも少なすぎません?興味がある方はお急ぎください、というかきっと売り切れてますね既に(笑)皆様だったらどちらを選びますか?エアロが苦手な私は迷わず2019年モデルにします(笑)

それでは次回も読んでください。渡邉でした。